K N O W L E D G E

Facebook広告の出し方と運用代行

2023.12.28

普段、私たちがFacebookやInstagramなどのSNSで見かけるSNS広告は、ブランドの認知度を高めたり、ユーザーの送客に適しています。
その中でもFacebook広告はターゲティング精度が高く、低コストでも出稿可能なため、SNS広告を初めて利用する方におすすめです。

しかし、Facebook広告を始めるには、クリエイティブの作成・広告アカウントの開設・入稿作業など、多くの手順や準備が必要となります。
また、SNSは短期間でトレンドが大きく変わるため、常にリサーチを行うことが重要となり、スピーディーにPDCAサイクルを回しながら効果検証を行わないといけません。

そこで本記事では、Facebook広告を出したことがない方に向けて、Facebook広告の出し方と運用代行についてまとめました。

 

Facebook広告の始め方

まず、Facebook広告の始め方を解説します。

Facebookで広告を配信するためには、下記を事前に用意しておく必要があります。

  • クリエイティブ
  • Facebookの個人アカウント
  • Facebookページ
  • ビジネスマネージャー
  • 広告アカウント

Facebook広告で用意しておくもの

クリエイティブ

クリエイティブには、静止画クリエイティブと動画クリエイティブがあります。

Facebook広告画像

クリエイティブを作成するには、下記のようなツールを使用します。

  • Canva
  • CapCut
  • Adobe Premiere Pro

初心者でも使用しやすい無料のツールも多く用意されています。

Facebookの個人アカウント

Facebook広告を出稿する上で、Facebookの個人アカウントは必ず準備しておく必要があります。
個人アカウントはこちらから無料で作成することができます。
■Facebookの個人アカウントを作成する

Facebookページ

Facebookページとは、情報発信やユーザーとの交流や、企業・ブランドの情報発信を行うことができるページです。
Facebookページはこちらから無料で開設することができます。
■Facebookページを作成する

ビジネスマネージャー

ビジネスマネージャーは、Facebookページ・Facebookアプリ・広告アカウントなどを一元管理できる機能で、Facebookにおけるマーケティング活動や広告活動を行うために必要不可欠です。
1つのビジネスマネージャーを複数人での使用が可能です。

広告アカウント

Facebookで広告を配信するためには、広告アカウントが必要となります。
広告アカウントはビジネスマネージャーで作成することができます。

広告アカウント内でFacebook広告を出したり、配信調整を行います。

Metaピクセル・コンバージョンAPIの設定

Facebookの配信ではMetaピクセルの設定、またはコンバージョンAPI(CAPI)の設定が必要です。

Metaピクセル・コンバージョンAPIで必要なピクセルは、ビジネスマネージャのビジネス設定にある[データソース]から発行することができます。

Facebook広告設定

Metaピクセルの設定

Metaピクセルとは、Webサイトに設置するコードを指します。
発行したピクセルをページに設置することで、サイトへ訪れたユーザーのアクションを確認しやすくなり、広告の効果を測定することが可能となります。

▼設定方法はこちら

  • ビジネスマネージャの[ビジネス設定]に移動
  • ビジネスを選択 [データソース]をクリック
  • [データセット]を選択
  • ページ上部の検索バーのそばにある[追加]をクリック
  • ピクセルの名前を入力
  • ウェブサイトのURLを入力(任意)
  • [Metaピクセルのみ]をクリック
  • コードを手動でインストールする

Facebook広告設定
最後に、取得したコードをLPやサンクスページに設置します。

コンバージョンAPI(CAPI)の設定

コンバージョンAPIとは、Cookieに依存しない計測方法を指します。
広告主が持つサーバーからMeta社の広告サーバーへ、直接イベントデータを送信することで、より正確に計測を行えるようになりました。
コンバージョンAPIの設定方法は複数ありますが、今回は1つの設定方法をご紹介します。

▼設定方法をこちら

  • ビジネスマネージャの[ビジネス設定]に移動
  • ビジネスを選択 [データソース]をクリック
  • [データセット]を選択
  • ページ上部の検索バーのそばにある[追加]をクリック
  • ピクセルの名前を入力
  • ウェブサイトのURLを入力(任意)
  • [コンバージョンAPIとMetaピクセル]をクリック
  • ピクセルIDとアクセストークンを取得
  • ASPの管理画面で設定を行う

Facebook広告設定
弊社のASPでもコンバージョンAPI(CAPI)の設定が可能です。
コンバージョンAPI(CAPI)の設定を検討されている際はぜひご相談ください。

Facebook広告の出し方

Facebook広告の配信に必要なものが用意できたら、広告アカウント内で入稿作業を行います。

Facebook広告の出し方

  • キャンペーンを作成する
  • イベントの設定
  • 配信金額の設定
  • オーディエンスの設定
  • 配信面の設定
  • クリエイティブのアップロード
  • 遷移先の設定

最後に入稿完了のボタンを押して、入稿作業は終了となります。
配信開始日時になったら配信が開始されます。

Facebook広告における様々な配信設定

Facebookには、興味関心ターゲティング・リターゲティングなど、様々な配信設定が用意されています。
興味関心ターゲティングでは、広告セット内の詳細ターゲット設定でターゲットとなるユーザーが興味を持っていそうなカテゴリーを選択し、そのカテゴリーに興味や関心のあるユーザーにアプローチすることが可能です。
Facebook広告の出し方

リターゲティングとは、過去に自社ページを訪問したことがあるユーザーに対して、再度広告を配信することです。ブランドやビジネスを知っているユーザーに広告を配信することにより、コンバージョンが発生しやすいというメリットがあります。
Facebook広告の出し方

Facebook広告の運用代行

Facebook広告運用代行

当社は、2016年からWEBマーケティング事業部を開始し、美容業界を中心にこれまで数多くの商品やサービスのMeta広告運用を行ってきました。
現在では、Meta社と密に連携し、Meta広告担当者と月に数回のMTGを行うなど、常に最新のアップデート、最新のトレンドなどの情報収集を行いながら、日々、新たな機能を活用した広告作成、商材ごとに最適な広告や配信設定を追求しています。
また、運用者全員がMeta認定クリエイティブ戦略エキスパートという公式資格を所持しています。

Meta認定クリエイティブ戦略エキスパートとは

Facebook広告資格

Metaのテクノロジーにおけるモバイルの基本について、高度な理解力と戦略的な応用力を持った人材を認定するMetaの公式資格です。インサイトに基づくクリエイティブの作成や、クリエイティブの効果最大化、Facebook、Instagram、Messengerで成果を高めるために必要なスキルとなっています。

「Metaクリエイティブ戦略認定企業」とは

Facebook広告運用代行

当社が取得したMetaクリエイティブ戦略認定は、Metaの定める個人資格「Meta認定クリエイティブ戦略エキスパート」が一定数在籍すると認められた企業に対して提供される認定制度です。

「全員が会社の顔」を目標に掲げる当社では、全マーケティング社員が「Meta認定クリエイティブ戦略エキスパート」の個人資格を保有しています。
■「Metaクリエイティブ戦略認定企業」に認定!

運用者全員がSNS世代

Facebook広告運用代行

弊社の運用者は日常的にSNSを活用しているデジタルネイティブであり、全員が年間で1億円以上の予算で広告を配信して得た豊富な経験があります。
常にSNSを使用しているため、SNSにおけるトレンドにも敏感です。

美容商材においては、美容が大好きな女性を中心としたメンバーだからこそ、より深い視点での広告作成・運用を行うことができることも特徴です。
女性向けの美容商材はもちろん、男性向けの商材など、幅広いジャンルで成果を上げています。

広告運用体制・運用の流れ

Facebook広告運用代行

1人1人が広告運用のプロフェッショナルとして、専任の担当者が商材のヒアリング、体験取材、クリエイティブ作成、記事制作、広告運用、効果の検証まで、一気通貫で行っているため、迅速な状況共有、高速なPDCAを実現しています。
クライアントの求めている成果を提供できるか、そして、ユーザーに満足していただけるかを考え、それぞれの目線に立って運用を行います。

初期費用は一切かかりません

Facebookの運用代行を弊社に依頼していただく場合、初期費用は一切かかりません。
料金体系は、成果報酬型と予算運用型から選択していただくことが可能です。

▼成果報酬型

  • 成果が1件出るごとに報酬をいただきます
  • 成果が出てからのお支払いになるため、余分なコストがかかりません

▼予算運用型

  • ご提案いただいた予算の範囲内で運用を行います
  • 予算がすでに決まっている、予算オーバーになりません

まとめ

Facebook広告は初めから上手くいくとは限りません。広告運用には専門的なスキルやノウハウが必要となります。また広告の効果を高めるために、スピーディーにPDCAサイクルを回しながら仮説検証を行うことが重要です。

弊社ではMeta公式資格を所有したメンバーが運用代行を行っているため、自社運用が難しいという場合には、コーポレートサイトにあるお問い合わせフォームからぜひご相談ください。

■お問い合わせはこちらから

Home > Knowledge > Facebook広告の出し方と運用代行